2017.09.01

谷口稜曄さん通夜

2017年9月1日放送

8月30日、がんで亡くなった長崎原爆の被爆者谷口稜曄さん(88)の通夜が31日、長崎市で営まれました。
谷口さんは原爆の熱線で焼けただれた自らの「赤い背中」の写真を手に、国の内外で原爆の悲惨さと核兵器の廃絶、世界平和を訴え続けてきました。通夜には被爆者ら約280人が参列し別れを惜しみました。